スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おひさま」のロケ地で、信州そばを喰らう! その1



今日搭乗したFDA福岡-信州まつもと便は、松本市観光大使に任命されたばかりの緑のFDA4号機。
上空から見えるさまざまな陸の風景を、この日の機長は丁寧な機内アナウンスで説明してくれました。
上の写真に写っているのは、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋。

_1310579.jpg

信州まつもと空港に着いたら、予約しておいたレンタカーに乗って、
NHKのドラマ「おひさま」の舞台である安曇野へGO! 

安曇野の穂高神社を目指します。
ここは福岡の志賀島周辺を本拠地にしていた、豪族・安曇族にゆかりのある神社で、
「海神人」が祀ってあります。

_DSC9342.jpg

境内の前にそびえ立つ杉は、パワースポットとして人気だそう。

_1310589.jpg

続いては松本市内に移動し、信州そばの取材撮影。
1軒目では、細切りのもりそば1人前をいただきました。

_1310669.jpg

終了後、15分ほど離れた場所にある次のそば屋さんへ。
ここでは、おそばの撮影はなしの予定でしたが、
ご好意で3種類のそばを食べさせてくださいました。

_1310695.jpg

まずは十割そば。そばの香り抜群、コシもすごい!
香りがすごいのなんの。さすが十割。しかも、ここのそばは、十割なのに長い。

一口目は、塩でいただきます。
そばの香りが楽しめます。

次は、つゆで。

次は、つゆに薬味の大根を入れて、次は、薬味のねぎを足して。

そばの香りを楽しむために、一旦、口の中をリセットするために、
わさびを舌の上に直接のせて。

_1310689.jpg

続いては更科そば。まっしろ~!!
コシが半端なし!! これは、歯応えバリバリの冷麺みたい。
香りはありません。が、が、が、甘い!あま~い! 

_1310695.jpg

そして、二八そば。
十割そばほどに香りはありませんが、スタンダードでうまし。

_1310649.jpg

そば大福。中には、抹茶のあんこが入ってます。
上品な和菓子です。手作りで本格的。

_1310659.jpg

最後に、そば団子。
おひさまのヒロイン陽子の夫となった和成が、
ドラマの中で陽子の家に作って持って行ったという、
あのそば団子を、わざわざ作ってくださってました。

塩味でシンプルでうまい!

ここで、おなかは満腹~。

そして、次のそば屋へ移動。

_1310821.jpg

ここのそばは、そば実の中心部だけを使ってうつ「吟醸そば」と呼ばれているそば。
更科を通り越して、さらに歯応えコシがすごい! これはそばだけど、そばじゃない!?

_1310825.jpg

そしてこれも、あまい!?!? 噛み噛みすると、あまいのなんの!
山盛りのもりそばを2盛りたいらげました。
約3時間で6皿+そば大福+そば団子。

これだけそばづくししだけど、同じようなそばは1つもないので飽きることはなし。
さぁて明日もまた、そばづくしの旅が待ってます(^^)v

詳しくは、ひょいとFDA.com http://hyoito-fda.com/ でご覧ください。
信州への旅はカラーズトラベルの、ひょいとFDA宿泊パックで。http://www.colors-travel.com/ 




スポンサーサイト

青森ねぶた祭、開幕!

巨大なねぶたが青森市街を練り歩く「青森ねぶた祭」。
「ラッセーラッセーラッセーラ!」の掛け声でお馴染みでしょう。
武者や歌舞伎、神話などを題材に
重さ4トンともいわれる山車灯籠が勇壮に練り歩きます。

繁華街の道路いっぱいになるほどの大きさに、まずびっくり!

_DSC3164.jpg
_DSC3191.jpg

乱舞するハネトたちのイキオイに圧倒されそうです。
次々に現れるねぶたは20数台。
大人も、子どもも、「ラッセーラッセーラッセーラ!」
思わず観客席から掛け声を掛けてしまうほど、
祭りの楽しさを体感できました。

お腹がすいたら、なんといっても青森ごはん。
ホタテの貝殻をお皿にして、こんがりと焼きあげる「伝宝焼き」は名物の一つ。
新鮮なホタテたっぷりに、醤油ベースのソースにマヨネーズを入れた一品をいただきました。
とろりとした「伝宝焼き」をごはんに乗せたら、もう止まりません。
味噌ベースの味付けなど店によって、味わいはそれぞれ。
お気に入りの一品に出会うまで、食べ歩くのも楽しそう。

_DSC7682.jpg

もう一つ、楽しみにしていたのが「ホヤ」。

_DSC3057.jpg

初めて手にした「ホヤ」はまるで、海のパイナップル!
好き嫌いがあるらしいけど、クセになる風味。
貝の歯ざわりと後味にほんのりとした苦味が残ります。

_DSC7679.jpg

地酒と一緒にいただきたいおいしさです。
東北に旅したら、ぜひぜひ味わってみてくださいね。
きっと、クセになりますよ!!

_DSC3197.jpg

祭りが終わり、人々が帰るころ「金魚ねぶた」が静かに風にゆれる風情もいいですね。
すごく愛らしい提灯です。
これから8月6日まで、青森は熱く盛り上がります。

熊本から名古屋経由で岩手へ行ってきました

阿蘇くまもと空港発10:20のFDA332便に乗り、名古屋小牧空港を経由し岩手へ行ってきました。
熊本から東北はとても不便なイメージですが、実はこの行程だと名古屋での乗継待ち時間も短く、午前中に熊本を出発~お昼すぎにはいわて花巻空港に着きます。

この日は5号機オレンジさんでした。



今回は2泊3日の岩手旅。
その中で出会ったものをご紹介します。

まずは宮沢賢治記念館へ行くと、入口で出迎えてくれるお二人(ネコ)です。
ここに行くと、まずこの二人に出会います。
賢治の歴史を知ることのできるものや、愛用品が多数展示されている、ファンなら立ち寄りたいスポットです。
花巻市内が一望できる、ロケーションもばっちりの場所。

_DSC5130.jpg

そしてお次は、宮沢賢治童話村の「銀河鉄道の夜」のご一行さまです。
小学生の時に読んだきりでしたが、また読み返してみたいな~と思う今日このごろ。
花巻市内には賢治に由来するスポットがたくさんあって、花巻全体がファンタジックな雰囲気です。
今の季節は道路沿いの花壇にきれいな花が咲いていて、それだけでも癒やされました。

_DSC5200.jpg

次の日は、世界遺産・平泉へ。

平日でしたが、世界遺産登録直後ということもあってか、観光客の方がたくさんいました。

まずは毛越寺。
毛越寺は想像していたよりも広くてびっくり。
池もきれいでしたが、元気いっぱいの緑色をした草木の印象が強く残っています。

↓こちらは、常行堂の前にいらっしゃいます。

_DSC5802.jpg

そして中尊寺。
あの金色堂がある中尊寺です。
中尊寺の境内はとても広く、ゆっくり巡っているといつの間にか1時間以上も経っていました。

こちらは松尾芭蕉。
中尊寺を訪れ、うたを残しています。

_1070654.jpg

中尊寺は金色堂や本堂のほかに、いくつかの支院で構成されています。
こちらはその中の一つ、目の神様が祀ってあるお堂での一枚。
“めめめめめめめめめ”とぶら下がる絵馬です。

_1070655.jpg

さらにカエル。
“福がかえる”という意味があるとかないとか…

_1070664.jpg

最後はコチラ。
岩手伝統の鹿踊りです。
9月に開催される「花巻まつり」では、地域の方々による鹿踊りが披露されます。
19の団体が参加するそうなのですが、地域ごとに何か特色があるのか楽しみなところですね。

_1070702.jpg

初めての東北で一番驚いたのは、暑さ。
熊本よりも暑いのでは?と思うほどの暑さでした。
その日のニュースを見ると、今年の最高気温だったとか。

そして、岩手はとても広い!
藩の違いから文化が少しずつ違ったりと、歴史を遡っていくとまだまだ面白い話が出てきそうです!!

次回は遠野方面や盛岡方面へ行ってまいります!!

大分県 日田 豆田町散策はいかが?

今回は、福岡空港から約1時間で到着する、大分日田の紹介です。
カラーズスタッフのイッチョムと二人で、日田の素敵なところを発掘しに行きました。



_DSC1357.jpg

日田の豆田町は、古い建物が残る風情豊かな街並み。
ストンと抜けた通りの奥には、山が見え、のどかな風景が広がっています。

_DSC1370.jpg

通り沿いの日用雑貨のお店。たわしが鈴なりにぶら下げてあったり、
竹かごやほうきななどもぶら下げてあり、昔ながらの店構えがなんとも言わせません。

_1210821.jpg

日田といえば、昔から「日田下駄」が有名で、町のいたるところで下駄が売られています。
その中でも、自分のオリジナル下駄をその場で作ってもらうことができる、
「月隈木履工業所」を訪ねました。

家族3世代で、木の切り出しから鼻緒の据えまで、一から手作りしている職人の工房です。

_1210814.jpg

行ったときは、おばあちゃんとおじいちゃんが工房で作業中。
いろいろな道具を使って、一つひとつ手作業。

_1210770.jpg

「2階も見てって」とおばあちゃん。
階段を上がると、そこには足型に切り出された杉や桐が、筒状に組まれて干してありました。
こんな光景、作っている現場だから見れるんですね~

_1210728.jpg

ここでは、下駄の形、素材、鼻緒を選んで、オリジナルの下駄を作ってもらえます。
女性なら杉素材で2,100円。男性なら3,150円ととってもお手頃価格。

_1210718.jpg

_1210742.jpg

私は、白杉に男性用のストライプの鼻緒を選んで、足のサイズ合わせて据えてもらいます。
夏っぽく、カジュアルっぽく。ジーンズにも合うでしょ。自分好みで作れるって楽しいものです♪

自分の足にあわせて鼻緒を絞めてもらえるので、ぴったりサイズで履き心地抜群。
素材はすべて本物なのにこの価格!工房ならでは!安い!

_1210717.jpg

_1220127.jpg

今年の夏に向けて、日田に下駄を作りに行く旅はいかがですか?

月隈木履工業所
住所/大分県日田市丸山町2-208-1
TEL/0973-22-2320


_DSC1472.jpg

イッチョムは、さっそく作った下駄を履いて町並み散策。
日田天領のきれいな水が流れる水路が、何本も残ってます。

_DSC1517.jpg

_DSC1491.jpg

_DSC1432.jpg

「ポン菓子」の看板につられて、細い路地へ。

_DSC1457.jpg

進んでいくと、家の前で昔ながらの機械を使って、おじいちゃんとおばあちゃんがポン菓子を作っていました。
そのポン菓子の材料は、マカロニ!

_DSC1393.jpg

出来たてをいただきま~す。なんとまあ、マカロニポン菓子もカリントウみたいで旨い!
シナモン胡麻味は、やめられな~い止まらない~

_1060681.jpg

日田は、鮎やヤマメなどの川魚や山菜が名物。
その名物を使った「ひたん寿し」なるものを食べに「彌助すし」に。

ヤマメのいくらや、鮎の白焼き&鮎うるか、うなぎ&柚子胡椒、シイタケ、
トマト、パプリカ、チンゲン菜などバラエティ豊かなお寿司をいただきました。

あと、大分名物「とり天」も!

_1060745.jpg

ここ彌助すしは、大分名物「高菜巻き」発祥の店とのこと。
高菜巻きとは、納豆、長芋を具材に、海苔のかわりに高菜で巻いたお寿司。
子どもでもモリモリ食べれそうな、お寿司です。

気さくな大将とのおしゃべりも楽しい彌助すし。また行きたいな。

福岡空港から高速道路でぴら~っと行ける、大分日田の豆田町。
素敵なところでした!

彌助すし本庄町店
住所/大分県日田市本庄町3-9
TEL/0973-22-2216




熊本県 阿蘇ファームランド



阿蘇くまもと空港から約40分ほどで到着する、「阿蘇ファームランド」内の「元気の森」には、
大自然を生かした大型のアスレチック。
ここは、ファミリーに人気のスポットです。一日では周り尽くせいないくらいのアスレチックに、
子どもたちは大興奮!

晴天の中、元気に走る走る!

_1230771.jpg

走る走る!

_1240052.jpg

登る登る!

_1230938.jpg

つっぱるつっぱる!!

_1240017.jpg _1240022.jpg

うんていなんか、チンパンジーのようにヒョイヒョイ。

_1240028.jpg

子どもたちの母ちゃんも、
「我が子には負けられん!」と、年甲斐もなくガンバルガンバル。

_1240069.jpg

「しぇ~」の格好して滑ってきて、というリクエストに答えてこの通り。お見事!

_1240132.jpg

メットと肘あてを装着して滑る、キングスライダー。
グルングルンと回転しながら、落ちてくる。

_1240109.jpg
そして、ゲラゲラと笑いながら落ちてくる、母ちゃん。

子どもも大人も、みんな楽しく遊んで、
PR用の撮影も無事完了~。お疲れでした~。

_1240328.jpg

阿蘇ファームランドの名物でもある、イルミネーションは、
多くの宿泊客が感嘆の声を上げてました。


_1240332.jpg

ここには、宿泊施設や温泉などもあり、家族やカップルでの宿泊におすすめです。

阿蘇ファームランド
住所/熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
TEL/0967-67-0001




最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。